リハビリテーション科

施設基準とスタッフ

< リハビリテーション施設基準 >

・脳血管疾患等リハビリテーションⅡ

・運動器リハビリテーションⅠ

< スタッフ >

・理学療法士(PT)4名

・作業療法士(OT)3名

・言語聴覚士(ST)1名

・助手1名          計9名

理学療法

私たちリハビリテーション科は9名のスタッフによりアットホームな雰囲気の中、患者様と接しております。

理学療法は脳梗塞後やスポーツ事故、交通事故などのケガ等の障害に対し、患者様のお話しに耳を傾け自立につながるリハビリテーションに取り組んでいます。

患者様からは「もんで下さい。」と言われることもありますが、筋肉などのバランスを整え、患者様がスムーズに日常生活をお過ごし頂けるお手伝いをさせて頂いています。

また、加齢などによる筋肉の衰えにより痛みの原因は徐々に進行し、大きな痛みへとつながります。痛みとその進行を和らげるため動作指導や物理療法(温熱・電気・けん引など)をとり入れています。

立つ、歩く、座るなど基本的な動作がスムーズに行えることが健康寿命を延ばし、また認知症の改善・予防へとつながります。

   

作業療法

作業療法は、身体または精神に障害のある方、またはそれが予測される方に対して主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促すために、日常生活の諸動作・仕事・遊びなどを用いて、治療・指導・援助を行ないます。

   

言語聴覚療法

言語聴覚療法は、ことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるように支援します。

また摂食・嚥下(えんげ)の問題にも取り組みます。当院ではこの問題に専門的に対応しています。