人間ドック・健診

アミノインデックスのご案内

がんになるリスクをチェックしませんか?

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)という方法を
当病院が鳥栖市で初めて導入しました!

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)とは?

血液の中に含まれるアミノ酸を測定することにより、がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を評価できます。


外部サイト:AICS(アミノインデックス®がんリスクスクリーニング)とは?

検査方法は?

わずか5mLの採血で検査が可能です。

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)で検査できるがんの種類は?

現在は下記のがんに対してリスクチェックが可能です。

検査項目名称 評価対象がん
男性AICS[4種] 胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん
女性AICS[5種] 胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮がん・卵巣がん※
女性AICS[2種] 乳がん・子宮がん・卵巣がん※

※子宮がん・卵巣がんは子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。

いずれかのがんであるリスクについて評価することができますが、それぞれのがんの
リスクについて区分することはできません。

がんのリスクとはどのようなことですか?

リスクとはがんであるか否かをはっきりと判断するものではなくAICSはそれぞれのがんについて、がんである確率を数値で報告致します。

この数値をランク別に分類し、がんであるリスクの傾向を3段階で示します。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0
がんであるリスク 低い  <<<< >>>>  高い
胃がん 1/3,200【0.3倍】 1/625【1.6倍】 1/98【10.2倍】
肺がん 1/2,963【0.3倍】 1/536【1.9倍】 1/111【9.0倍】
大腸がん 1/2,000【0.5倍】 1/789【1.3倍】 1/122【8.2倍】
前立腺がん 1/2,222【0.5倍】 1/469【2.1倍】 1/156【6.4倍】
乳がん 1/1,509【0.7倍】 1/556【1.8倍】 1/250【4.0倍】
子宮がん・卵巣がん 1/4,000【0.3倍】 1/682【1.5倍】 1/86【11.6倍】

ランクCであれば、がんなのでしょうか?

AICSはがんであるかどうかを確定するものではありません。

ランクAは通常よりがんである可能性が低く、ランクBはやや高く、ランクCは高い状態であることを表しています。
(ランクCは別途精密検査が必要となります。)

AICSは一度検査をすればいいのでしょうか?

この検査は、採血を行った時点でのがんであるリスクを評価するものです。生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をお勧め致します。