体圧分散勉強会☆教育部会だより☆

今月は体圧分散マットレスのモルテンさんにご協力頂き、体にかかる圧力への対策の勉強会を行いました。

圧は皮膚や血管に悪影響を及ぼし、ベッドで過ごされる時間の長い患者様、特に皮膚の弱くなっていることが多い高齢者の患者様の褥瘡(床ずれ)の発生にもつながります。

その予防のための知識・技術習得のため病院の職員とグループ企業の介護施設のスタッフも参加しました。

DSC_3513

枕やクッションなどを使った体位変換や体位保持の方法、電動ベッドから起き上がったときに一度マットレスから体を離す背抜き、圧抜きなどを行う意味・手法など、分かっていたつもりでも理論的な説明と実践、以前の常識と現在の潮流への変化、器具の進化など 新たな発見があったり、体系的な理解ができ 1時間を超す勉強会でしたが、あっという間に終わりました。

DSC_3526

拘縮の高度な方や、皮膚が脆弱な方など色々な状態の患者様、入居者様のケースにそった成功事例の紹介などもあり、今回参加した職員からもすぐ実践できる内容が多かったとの感想が聞かれました。

ケアの向上に直結するような実践的な勉強会を今後も行っていきたいと思います♪