医療事故防止 勉強会

医療事故対策委員会の主催で勉強会を行いました。

皮膚の弱くなった患者様はちょっとした接触でも皮膚剥離に繋がってしまいます。その予防策や転倒・転落の防止に向けてなどの対策を新入職員や関連介護施設のスタッフを交えて勉強会を行いました。

全景

 

調査の流れ

事故の起こりやすい時間(人員の配置を含む)や場所、その原因などを分析しての報告があり、二重チェックや声掛けなどのスタッフ間の協力体制、患者様の行動パターンや、状態の変化の確認など 基本の事項がやはり一番重要で効果的であることを再認識しました。

分析

勉強会の度に職員が認識を新たにして、職員レベルの向上や今回のように事故の防止に直結するように努力してまいります。