八十八夜

街なかでは半袖の方も多くなって、梅雨や夏も間近に感じられるようになってきました。

「夏も近づく~」の音楽で始まる八十八夜の新茶を、毎年 当病院では患者様にお送りさせて頂いております。

八十八夜頃に摘んだお茶を飲むと、昔から無病息災、長寿の効果があるといわれておりますので、お手元に届いた方はぜひご賞味ください。

(3年以内に当院で受診された方を対象としております。)

 

ちなみに八十八夜とは立春から数えて八十八日目を指すそうで、本年は5月2日が八十八夜だそうです。
(その頃に摘んだお茶を加工してできた、今年一番の新茶ですので、香りの良いうちにどうぞお召し上がりください。)

総務部 坂口