【端午の節句】

みなさん、こんにちは!デイサービスセンター元気です(^_^)v 最近は寒暖の差が激しいですが、お身体の調子はいかがでしょうか?

さて、去る5月5日は、子どもの日(端午の節句)でした。そこでデイサービスセンター元気では端午の節句に因んだレクリェーションを行いましたので紹介します。

端午の節句ということで、『よもぎ』を使ったホットケーキを作りました。

写真が暗くて、すみません・・・・

 

こちらは材料や使用する道具です。

 

今から何が始まるんだろうと皆様、真剣にスタッフの説明に耳を傾けていました。

 

最近はプルタブが主流ですが今回は、あえて缶詰を缶切りで開けます。

生地を混ぜる事は大変なので、みんなで交代しながら混ぜました。

 

疲れたら、ちょっと休憩・・・・・

 

休憩のあとは先ほど開けた、缶詰の果物を切っていきます。

 

こちらでは『よもぎ粉』を加えて更に、しっかりと混ぜていきます。

 

ここからは、いよいよ焼いていきます。焼く作業はスタッフが手伝います。

 

「焦がさんでね~」「大きくつくってね~」などの応援が飛び交う中での作業は、かなり緊張しました(>_<)

 

遅くなりましたが、こちらが今回、使用した『よもぎ粉』です。水で戻しています。

 

スタッフが焼いている間は、端午の節句の〇☓クイズを行いました。 折角なので、このブログを読んで下さっている皆様にも、問題です!

➀子どもの日の鎧飾りは、当時5月5日に武士として一人前と認められる元服が行われた名残である。

➁世界こどもの日というものがある。

どうですか? 分かりますか~? 答えは今回のブログの一番最後に載せて起きますね。

 

さぁ、焼きあがったあとは、あんこと果物を乗せていきます。

 

みなさん「甘くて、おいしい!」と喜ばれていました。

 

「よもぎなんか昔はよく摘みに行きよったね~」「懐かしか~」などの言葉も多く聞かれて、楽しく過ごせました。

 

 

 

 

《クイズの答え》

➀☓・・・元服は日にちではなく年齢によって決めれていました。 鎧飾りを行うのは邪気を払うためです。 この習慣は諸説ありますが鎌倉時代からといわれています。

➁・・・国連が定めた日として、11月20日として認定されております。

 

担当                                          根津